東海大学箱根駅伝2021の順位予想!区間エントリーメンバー一覧も

東海大学 箱根駅伝2021

2021年も1月2日と3日に箱根駅伝2021が開催されます。

出場校は、強豪校が揃っていますが、その中でも上位順位が予想される東海大学ですね。

今回は、東海大学箱根駅伝2021の順位予想や区間エントリーメンバー、注目されている選手や監督、歴代のメンバーの順位についてもご紹介させていただきます。

東海大学箱根駅伝2021の順位予想

もうすぐ開催される箱根駅伝2021、東海大学は一体何位になるのか?順位予想を調べてみました。

調べてみた結果、様々な予想がありましたが、2位または5・6位という意見が多かったように思えました。

皆さん上位に入ると予想されているようですね。

優勝するという予想は少なかったように思うのですが、その理由は東海大学の「黄金世代」と呼ばれていたメンバーが卒業をしたからだそうです。

しかし11月の全日本大学駅伝では、なんと2位になっています。

強い選手もたくさんいますし、これは優勝する可能性も大いにあるのではないでしょうか。
ぜひ頑張って欲しいですね。


東海大学箱根駅伝2021の区間エントリーメンバー一覧

東海大学箱根駅伝2021メンバーは一体どうなっているのでしょうか。

東海大学箱根駅伝2021区間エントリーメンバー

1区—-市村 朋樹⇒塩澤 稀夕(主将)

2区—-名取 燎太

3区—-田中 康靖⇒石原翔太郎

4区—-佐伯 陽生

5区—-西田 壮志

6区—-川上 勇士

7区—-佐藤 俊輔⇒本間 敬大

8区—-中嶋 貴哉⇒濵地進之介

9区—-長田 駿佑

10区—-米田 智哉⇒竹村 拓真

—————————————————

東海大学箱根駅伝2021補欠選手をご紹介します。

塩澤 稀夕(主将)

本間 敬大

竹村 拓真

濵地進之介

石原翔太郎

井 来斗

 

 

東海大学箱根駅伝2021エントリーしているメンバーをご紹介します。

塩澤 稀夕(4)・名取 燎太(4)・西田 壮志(4)・米田 智哉(4)・市村 朋樹(3)・田中 康靖(3)・中嶋 貴哉(3)・長田 駿佑(3)・本間 敬大(3)・川上 勇士(2)・佐藤 俊輔(2)・竹村 拓真(2)・浜地進之介(2)・石原翔太郎(1)・佐伯 陽生(1)・吉井 来斗(1)以上16名の選手です。

ちなみに、()内の数字は学年です。

4年性も4名います。

箱根駅伝など大きな大会をたくさん経験している4年生の選手が、チームを引っ張ってくれたらいいですね。

東海大学箱根駅伝2021での戦力は?

東海大学箱根駅伝2021での戦力とされている選手は一体誰なのでしょうか。

戦力とされているのは4年生の、塩澤 選手・名取 選手・西田 選手,
この3人です。

この3人がチームを引っ張っていくのではないかと言われています。

この3人の強みは、何と言っても三大駅伝に出場したという経験ではないでしょうか。

3人は今年の箱根駅伝にも出場しています。

今年の箱根駅伝では、塩澤選手がエース区間である2区を、名取選手が4区を、西田選手が5区を走りました。

また、11月に行われた全日本大学駅伝でも3人は大いに活躍し、チームを準優勝へと導きました。

エントリーしている他の選手は、まだ箱根駅伝を経験していない選手がほとんどなので3人の経験を活かして箱根駅伝2021でも上位を狙って欲しいですね。


東海大学箱根駅伝2021の結果

昨年の箱根駅伝や、11月に行われた全日本大学駅伝の結果についてご紹介します。

昨年の箱根駅伝で東海大学は見事順優勝を果たしました。

ちなみに、往路は4位、復路が1位でした。

2019年に総合優勝を果たした東海大学は連覇を目指していたようなのですが、残念ながらそれは果たせませんでした。

それにしても、復路1位、準優勝はすごいですね。

また、11月に行われた全日本大学駅伝でも同じく準優勝を果たしました。

全日本大学駅伝では一時17位まで順位が下がってしまったのですが、その後すごい巻き返しを見せ見事準優勝に輝きました。

すごい底力ですね。

東海大学の両角速監督も会見で、今年の特徴はどん底からはい上がれる力がある事とおっしゃっていたそうです。
箱根駅伝2021ではどんな底力を見せてくれるのでしょうか、期待が膨らみますね。

※2021.1.2

箱根駅伝2021の往路順位は、5位という結果でした。

東海大学箱根駅伝2021の歴代メンバー

2019年に総合優勝を果たした東海大学ですが、この年は「黄金世代」と言われるメンバーがいました。

なぜ黄金世代と言われるのか、それは2015年の高校駅伝で最長区間である1区の上位6名のうち5人が東海大学に入学した事からです。

その5人を含む黄金世代のメンバーは、阪口竜平 選手、關颯人 選手、鬼塚翔太 選手、館澤亨次 選手、羽生拓矢 選手、西川雄一朗 選手、郡司陽大 選手などなど・・です。

この黄金世代のメンバーはすでに卒業をしてしまいました。

しかし、今のチームにも実力のある選手がたくさんいます。

次の世代の選手にも大いに期待ができそうです。

東海大学箱根駅伝2021歴代順位

東海大学は過去の箱根駅伝で一体何位だったのでしょうか。

歴代の順位についてご紹介します。

まず、東海大学が初めて箱根駅伝に出場したのは、1973年でした。

その後、2012年まで毎年出場をしました。

1973年~2012年までという事は、その間なんと40回連続出場、中にはシード権ではなく予選突破で出場を果たした年もあったそうです。

さすが、常連校と言われるだけありますよね。

40回連続出場はすごいです。

2013年は残念ながら出場できなかったものの、2014年から今年2020年まで連続での出場を果たしています。

また、2005年で初めて復路での優勝、そして2019年には総合優勝を果たしています。

残念ながら今年2020年の箱根駅伝では準優勝で終わりましたが、2021年はぜひ優勝してほしいですね。

東海大学箱根駅伝2021の注目選手

箱根駅伝2021年にエントリーしている東海大学の注目選手をご紹介します。

ご紹介するのは、1年生のルーキー石原 翔太朗 選手です。

石原選手は中学から陸上を始め、高校では県の大会で上位に入るなど注目されている選手でした。

そして、石原選手はなんと私が住んでいる岡山県にある倉敷高校出身です。

これはもう、応援するしかありません。

11月の全日本大学駅伝が3大駅伝デビューとなりましたが、そこで4区を走りなんと5人抜きを達成し、チームの準優勝に大きく貢献しました。

そして1年生ながら区間賞も受賞し、素晴らしい成績を残しました。

東海大学のすごい1年生、石原 翔太朗 選手に箱根駅伝2021でも注目したいと思います。

東海大学箱根駅伝2021の監督は

東海大学の監督は、両角速(もろずみはやし)さんが努めていらっしゃいます。

2011年から東海大学の監督をされている、ベテランの監督です。

監督ご本人も東海大学で4年連続箱根駅伝に出場されたという過去があります。

総合力が一番あると言われるほどのチームを作り上げ、2019年にはチームを総合優勝へと導きました。

今年の箱根駅伝で惜しくも連覇は逃しましたが、2021年では2年ぶりの優勝を狙うと会見ではおっしゃっていました。

きっと、今年も総合力のあるチームを作り上げていらっしゃるのだと思います。

まとめ

今回は、東海大学箱根駅伝2021の予想順位やエントリーメンバー、注目の選手や監督、
歴代の順位やメンバーについてもご紹介させていただきました。

皆さん予想はそれぞれされているようですが、上位に入る事を予想している方が多いようです。

エントリーされているメンバーの中には、3大駅伝の出場経験が豊富な戦力になる選手や、期待のルーキーも含まれています。

両角速監督は今年もきっと強いチームを作り上げているのではないでしょうか。

2年ぶりの優勝を目指して頑張って欲しいですね。