田澤廉の出身中学は?高校記録/身長・体重/プロフィールも

田澤廉 中学


田澤廉選手の出身中学・高校駅伝の記録が気になりませんか?

田澤廉選手の身長も気になります。

箱根駅伝2021の出場校で、全日本大学駅伝で優勝した駒澤大学。

その駒澤大学の注目選手が田澤廉選手です。

今回は駒澤大学の田澤廉選手について、出身中学・高校駅伝記録、身長・体重などのプロフィールもご紹介していきます。

田澤廉の出身中学は

田澤廉選手の出身中学はどこなのでしょうか。

そして、中学時代も記録は、どうだったのでしょうか。見ていきましょう。

田澤廉選手は、青森県八戸市出身です。

出身中学校ですが、八戸市立是川中学校に通われていました。

小学校の時からすでに陸上をされていた田澤廉選手は、その時すでに青森県の陸上において有名な選手でした。

小学校から有名だったなんて、すごいですね。

中学になっても陸上競技を続け、中学3年生の時には東北の中学校陸上競技大会3000mの部で3位という成績を残されています。

また、中学2年生と中学3年生の時には、全国都道府県駅伝に県代表として出場していて、注目されていました。

田澤廉の高校記録がスゴイ?

田澤廉選手の高校記録、駅伝記録はどれくらいの記録、成績だったのでしょうか。

田澤廉選手の高校記録について、調べてみました。

田澤廉選手は、青森山田高校へ進学しました。

この青森山田高校というのは、サッカーや卓球、バドミントンなどスポーツの部活動が盛んで、全国レベルの実力を持つ選手が在学しています。

そして、多くのスポーツ選手を輩出している中学校としても有名で、なんとテニスの錦織圭選手も青森山田高校出身だそうです。

そんな青森山田高校に在学中の田澤廉選手の高校記録もまた素晴らしいものでした。

高校生の時から駅伝に出場していた田澤廉選手、2年生の時に1区4位・3年生の時に5区6位という成績を収めています。

また1年生の時に日体大記録会5000mの部に出場し、14分04秒92という記録で学年別歴代3位に輝いています。

そして翌年高校2年生の時には兵庫リレーカーニバルの3000mで見事優勝、高校3年生ではアジアジュニア選手権大会へ出場し、なんと2位という素晴らしい結果を残しています。

アジアジュニア選手権2位とはすごい成績なのに、田澤廉選手本人は2位という悔しい結果だった、次は負けないとおっしゃっていました。

結果に満足せずさらに勝負をするという田澤廉選手、素晴らしい向上心ですね。

田澤廉の駒澤大学でのエピソード

田澤廉選手は、昨年駒澤大学へ進学をされました。

なぜ駒澤大学を選んだのか?その理由は、駒澤大学OBである中村匠吾選手に憧れており、中村匠吾選手の指導をした大八木監督がいるからだそうです。

憧れの選手や監督がいるのですね。

田澤廉選手は、中学の時に大八木監督のサインをもらったという情報もありました。

大八木監督は田澤廉選手が中学の時には、すでに駒澤大学の駅伝監督をされていました。

ひょっとしたら、中学の時から駒澤大学へ進学したいと思っていたのかもしれませんね。

高校時代も輝かしい成績を残した田澤廉選手ですが、高校3年のアジアジュニア選手権以降は、目立った成績がなくスランプを経験されました。

そのスランプを抜けるきっかけとなったのは、駒澤大学進学後の大八木監督による地獄の夏合宿だったようです。

一体どんな内容なのでしょうね、地獄の夏合宿、この響きで厳しさが伝わってきます。

この夏合宿は、地獄と言われるだけあって上級生でもこなせる選手が少ないのだそうです。

しかし、田澤廉選手は、高校1年生にして3週間にも及ぶその行程を全てクリアしたのだそうです。

その地獄の夏合宿によって、自信を取り戻した田澤廉選手はその後大活躍をします。

合宿後の記録会では5000mで自己新記録を出し、続く出雲駅伝では3区を走り先頭集団から抜け出してタスキを渡しました。

そして、昨年の全日本大学駅伝では7区で区間賞を獲得、今年の箱根駅伝ではなんと1年生にして7人抜きで区間新記録を更新し、駒澤大学のスーパールーキーと言われました。

素晴らしい活躍ぶりですね。

また箱根駅伝後の2月には、アメリカでの高地合宿に参加し憧れの中村匠吾選手と一緒に練習をしたのだそうです。

田澤廉選手にとってはとても励みになったでしょうね。

大学2年生になった今、箱根駅伝2021ではどんな走りを見せてくれるのでしょうか、とても楽しみです。

田澤廉の全日本大学駅伝での順位

田澤廉選手の全日本大学駅伝での順位についてご紹介します。

先ほどもご紹介しましたが、初出場の昨年は7区を52分9秒で走り見事区間賞を獲得しました。

これに関しては一緒に全日本大学駅伝を走った先輩達も、「規格外の走り、想像を超えた走りで頑張ってくれた」と驚きを隠せなかったようです。

さすが、スーパールーキーと言われるだけありますね。

そして今年の全日本大学駅伝で、田澤廉選手は8区のアンカーを務めました。

駒澤大学は、2区では9位だったものの徐々に順位を上げていき、アンカーの田澤廉選手は3位でタスキを受け取りました。

そして田澤廉選手は見事1位でゴールを切ったのでした。

見事駒沢大学は優勝し、5時間11分08秒という記録で大会新記録も打ち立てたのです。

この大会で田澤廉選手はMVP を受賞しました。

来年の全日本大学駅伝でもきっと活躍される事と思います。

まだ気が早いかもしれませんが、今から楽しみですね。

田澤廉の自己ベスト

田澤廉選手の持つ自己ベストの記録をご紹介します。

素晴らしい成績で自己ベストも次々と更新されています。

今年のホクレンディスタンスチャレンジ5000mでは13分37秒28で、日本陸上10000mでも27分46秒09といずれも自己ベストを更新しています。

向上心の強い田澤廉選手、さらに強くなって今後も自己ベストを次々と更新しそうですね。

田澤廉の身長・体重・プロフィール

田澤廉選手の身長や体重などプロフィールについてご紹介します。

2000年11月11日生まれの田澤廉選手は現在20歳です。

身長は180cmで体重60kg、身長も高いですし、かなりスマートな体格ですね。

田澤廉の弟も陸上選手?

田澤廉の弟も陸上選手?

家族構成について詳しくは分かりませんでしたが、どうやら弟さんがいらっしゃるようです。

そして、弟さんもお兄さんと同じ青森山田高校の陸上部に所属しているという情報がありました。

兄弟揃って、陸上をされているとは、弟さんの活躍にも注目したいですね。

箱根駅伝2021の放送局は?ネット中継や見逃し配信無料視聴方法も

まとめ

今回は、前回の箱根駅伝で華々しい箱根駅伝デビューを果たした駒澤大学のスーパールーキー、田澤廉選手についてご紹介させていただきました。

青森県出身の田澤廉選手はなんと小学生の時から注目されていた選手のようで、中学・高校とも素晴らしい成績を残しています。

現在20歳の田澤廉選手、駒沢大学入学後は憧れの大八木監督から指導を受け3大駅伝でも大活躍、自己ベストも更新しています。

11月に開催された全日本大学駅伝ではアンカーを務め見事優勝、もうすぐ開催される箱根駅伝2021ではどんな走りを見せてくれるのでしょうか、とても期待しています。

駒澤大学のエース、田澤廉選手の活躍から今後も目が離せません。

駒澤大学箱根駅伝2021の順位予想!区間エントリーメンバー一覧も

箱根駅伝2021のライブ配信は?スマホでテレビ中継/速報動画/や再放送も