順天堂大学箱根駅伝2021の順位予想!区間エントリーメンバー一覧も

順天堂大学 箱根駅伝2021

箱根駅伝2021出場校の順天堂大学の順位は、何位になるでしょうか。順位を予想してみたいと思います。区間エントリーメンバーについても気になります。

今回は、出場校の中で注目されている、順天堂大学について本戦の予想順位や区間エントリーメンバーや注目の選手についてご紹介させていただきます。

2021年1月2・3日に開催される箱根駅伝、11月に箱根駅伝2021予選会も行われ出場校が決定しています。

順天堂大学箱根駅伝2021の順位予想

箱根駅伝2021で出場回数が62回目となる順天堂大学、過去に11回の総合優勝をした事のある実力を持つ常連校です。

そんな順天堂大学の箱根駅伝2021での順位を皆さんどう予想されているのでしょうか。

ツイッターを見てみましょう。

SNSを見てみると10位以内の後半、8位や9位くらいではないかと予想されている方が多いようです。

ちなみに、前回の箱根駅伝で順天堂大学は総合14位という結果でした。

それを考慮すると、前回よりも今回の方が順天堂大学は強いと考えている方が多いのかもしれませんね。

しかし、順天堂大学は5位以内、最低でもシード権獲得という高い目標を立てています。

ぜひ、目標を達成して上位に入って欲しいですね。


順天堂大学箱根駅伝2021の区間エントリーメンバーは

順天堂大学箱根駅伝2021の区間エントリーメンバーはどうなっているのでしょうか。

順天堂大学箱根駅伝2021の区間エントリーメンバー

1区—-三浦 龍司

2区—-野村 優作

3区—-伊豫田達弥

4区—-人見 隆之⇒石井 一希

5区—-津田 将希

6区—-矢野 直幹⇒清水 颯大

7区—-小島 優作

8区—-近藤 亮太⇒西澤 侑真

9区—-鈴木 尚輝

10区—-吉岡 智輝⇒原田 宗広

—————————————————

順天堂大学箱根駅伝2021の補欠選手をご紹介します。

清水 颯大(主将)

原田 宗広

真砂 春希

牧瀬 圭斗

西澤 侑真

石井 一希

 

現在エントリーされているのは、清水颯大(4)、原田宗広(4)、真砂春希(4)、矢野直幹(4)、 近藤亮太(3)、小島優作(3)、鈴木尚輝(3)、 津田将希(3)、人見隆之(3)、牧瀬圭斗(3)、吉岡智輝(3)、伊豫田達弥(2)、西澤侑真(2) 、野村優作(2)、石井一希(1)、三浦龍司(1)、以上こちらの16名です。

()内の数字は学年で、4年生が4名、3年生が7名、2年生が3名、1年生が2名となっています。

3年生が7名と、一番人数が多いですね。

区間エントリーの発表は、29日に行われます。

区間エントリーの予想をされている方もいらっしゃるようですね。

スーパールーキーの三浦選手は1区を走るのではないかと予想されている方が多いようです。

どの選手が何区を走るのか、発表が楽しみです。

順天堂大学箱根駅伝2021の戦力

順天堂大学で箱根駅伝2021の戦力となる選手についてご紹介します。

まずは、2年生の野村勇作選手です。

野村勇作選手は、流れに乗れなくとも巻き返しの力がある選手だと、長門俊介監督が信頼をしている選手です。

2年生にして監督の信頼を得ているとは、すごいですね。

そんな野村選手は、昨年の出雲駅伝で5区を8位で走り、今年の全日本大学駅伝では4区を3位で走り区間賞をとっているほどの実力です。

また、箱根駅伝予選会ではチーム内2位の成績も収めています。

長門俊介監督がこの1年で最も伸びた選手と太鼓判を押していたのも、野村勇作選手でした。

昨年の箱根駅伝では残念ながらエントリーメンバーにも選ばれなかった野村勇作選手、パワーアップして今回の箱根駅伝本戦ではどんな走りを見せてくれるのでしょうか。

良い走りを期待しています。

1年生のルーキー石井一希選手も戦力となる選手の1人です。

全日本大学駅伝では、5区を5位という成績で走りました。

この結果に対し、石井選手本人はタスキを3位で受け取ったが順位を落としてしまったので、そこが弱いところだとおっしゃっていたようです。

良い順位なのにこのコメント、モチベーションが高いですね。

同じ1年生にスーパールーキーと言われている三浦龍司選手がおり(三浦龍司選手については、後ほど注目選手で詳しくご紹介させていただきます)、一緒に走る事で自分も成長できるともおっしゃっていました。

11月に行われた全日本大学駅伝から約2ヶ月、箱根駅伝本戦ではさらに成長した石井一希選手の姿が見られるのではないでしょうか。

順天堂大学のルーキー2人、特に注目したいと思います。


順天堂大学箱根駅伝2021の結果速報

間もなく行われる箱根駅伝2021の結果はもちろん気になりますが、ここで今年の11月に行われた全日本大学駅伝の結果についてご紹介させていただきます。

順天堂大学は、全日本大学駅伝で総合8位の成績に輝きました。

これにより、14年ぶりのシード権獲得となりました。

この大会では、1年生の三浦龍司選手と2年生の野村勇作選手が共に大会区間新記録を更新しました。

主将の清水颯大選手は、強い下級生がいてそれに負けまいと上級生も頑張っている、今年はチーム内で切磋琢磨できているとおっしゃっていました。

皆で切磋琢磨した結果が、シード権獲得に繋がったのではないでしょうか。

箱根駅伝本戦での結果も楽しみですね。

箱根駅伝2021の結果は、往路順位、7位という結果でした。

順天堂大学箱根駅伝2021予選会結果は?

10月に行われた箱根駅伝の予選会で、順天堂大学は見事1位で予選を通過しました。

この結果に関して順天堂大学の長門俊介監督は、出場したほとんどの選手が2分台でゴールした、皆が力を出し切っていて底力に驚いたとおっしゃっていたそうです。

本戦でも監督を驚かせる底力を見せて欲しいですね。

順天堂大学箱根駅伝2021の注目選手は

順天堂大学で最も注目されていると言っても過言ではない選手が、スーパールーキーの三浦龍司選手です。

1年生ながらにして、箱根駅伝予選会ではチーム内で1位の成績を記録しています。

三浦龍司選手が予選会で出した、1時間1分41秒という記録はハーフマラソンU20の日本新記録となりました。

また全日本大学駅伝では1区を走り、従来の記録より18秒早いタイムで区間新記録を更新、見事区間賞も獲得しています。

三浦龍司選手は駅伝が早いのはもちろんの事、障害競走でも新たな記録を次々と更新している選手です。

今年行われたホクレンディスタンスチャレンジ男子障害競走3000mでは、外国人選手を押さえ見事1位に輝きました。

8分19秒37というタイムで、これは日本歴代2位となる記録です。

このスーパールーキーである三浦龍司選手の箱根駅伝出場には、皆さん期待をしているようです。

スーパールーキーが箱根駅伝でどんな走りを見せてくれるのか、とても楽しみですね。
三浦龍司順天堂の出身高校・中学は?身長体重/スパイクのブランドも

まとめ

今回は、箱根駅伝2021の予選会を見事1位で通過した順天堂大学についてご紹介させていただきました。

予想順位については、5位以下と予想される方が多いようですが、予選会や全日本選手権の結果から見ると上位入賞も十分にありえるのではないでしょうか。

ぜひ、優勝を目指して頑張って欲しいです。

今年は、下級生に勢いのある選手がいてチーム内で切磋琢磨できているという順天堂大学、その下級生で注目の選手が、2年生の野村勇作選手と1年生のスーパールーキー三浦龍司選手です。

この2人の二本柱に期待をしていると長門俊介監督もおっしゃっていたようです。

2人のルーキーやエースに負けずと切磋琢磨し、チーム全体をパワーアップさせた順天堂大学の走りに今回も期待です。

箱根駅伝2021のライブ配信は?スマホでテレビ中継/速報動画/や再放送も

箱根駅伝2021の放送局は?ネット中継や見逃し配信無料視聴方法も

箱根駅伝2021の結果発表!区間順位やシード校の展望も

帝京大学箱根駅伝2021の予想順位は?結果やエントリーメンバー一覧も