おちょやんの主題歌と挿入歌は?ナレーション桂吉弥の評判も調査

おちょやん 主題歌


NHKの朝ドラの「おちょやん」。

大阪出身の女優 浪花千栄子さんの人生を描いたドラマで、人気女優の杉咲花さんがヒロインの竹井千代を演じることが決定しています。

今回は、そんなNHKの朝ドラの次回作「おちょやん」の主題歌や挿入歌、ナレーションを務める桂吉弥さんについてご紹介したいと思います。

「エール」の放送終了が遅れるため、放送は約2か月遅れの11月30日スタートするようですね。

脚本は、大ヒットドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」を手掛けた八津弘幸さんが担当されているとの事で、今から楽しみです。

おちょやんの主題歌

おちょやんの主題歌が話題を呼んでいますね。

NHKの朝ドラの主題歌といえば、聞きやすいメロディーのものが多く、ヒット曲も多い!という印象を受けます。

ドリカムやスピッツを始め、星野源さんなど人気有名歌手の方々がたくさん参加されていますよね。

現在放送中の「エール」の主題歌は、Greeenが歌っています。

とても聞きやすく良い曲ですよね。

では、「おちょやん」の主題歌は一体誰が参加されるのでしょうか?気になるところです。

調べてみましたが、残念ながら「おちょやん」の主題歌はまだ発表されていないようです。

過去の朝ドラの主題歌発表を見てみると、およそ1か月前ぐらいに発表されたものが多いようです。

11月30日スタートなので、発表は10月中ぐらいでしょうか?

今から発表が楽しみですね。

また、ヒロインの父親役にはトータス松本さんが決定しているようなので、ひょっとしたら主題歌を歌われる可能性も・・・!ウルフルズだったり・・・?

中には、主役の杉咲花さんに歌って欲しいという方も!

やはり、朝ドラおちょやんの主題歌が早く知りたいと言う声が多いですね。

期待しておきましょう!

おちょやんの挿入歌

ドラマを盛り上げるためには、主題歌だけではなく挿入歌もとても大切な役割を果たしますよね。

主題歌と同様に、挿入歌についても調べてみましたが残念ながら情報は出てきませんでした。

今後、おちょやんの挿入歌が分かり次第追記します。

おちょやんの音楽担当は誰

おちょやんの音楽を担当するのは一体誰なのか?調べてみました。

音楽を担当するのは、サキタハヂメさんに決定されているようです。

サキタハヂメさんがおちょやんの音楽担当だと知って楽しみにしている人が多いようですね。

サキタハヂメさんは、作曲家であり、のこぎり奏者でもあるそうです。

のこぎり音楽というもの知っていましたか?

別名ミュージックソーなどとも呼ばれ、世界中で親しまれています。

ミュージックソーは、椅子に座ってのこぎりを足に挟み、のこぎりの刃をカーブさせて弓を使って音を出して演奏をする体鳴楽器です。

サキタハヂメさんの動画を見て初めてのミュージックソーの演奏を聴きましたが、まさかのこぎりでこんなに綺麗な音が出せるとは!驚き、そして感動しました。

動画サイトでコンサートの映像も見ることができるので、ぜひ一度聞いてみてくださいね。

作曲家としても活躍されているサキタハヂメさんですが、今まで色々なドラマなどの音楽を手掛けられているようです。

私が知っているものとしては、 Eテレ「シャキーン!」の主題歌です。

あの一度聴いたらなかなか忘れられない、「おはようさ~ん」という歌詞と音楽は、サキタハヂメさんが作詞作曲されていたのですね!笑

「おちょやん」でも印象的な音楽をたくさん作曲してくださるのではないでしょうか。

期待が膨らみます。

ナレーション桂吉弥の評判は

おちょやんのナレーションには、落語家の桂吉弥さんが決定しているのですが、桂吉弥さんは一体どのような方なのでしょうか?評判やプロフィールなどを調べてみました。

https://twitter.com/kurolabu56/status/1293801061837283328

桂吉弥のプロフィール
名前:         桂吉弥
本名:         富谷竜作
年齢:         49歳
出身:         大阪府茨木市
出身大学:  神戸大学
趣味:         料理/音楽鑑賞/スポーツ観戦

ちなみに、音楽はサザンオールスターズやウルフルズがお好きだそうです。

今回「おちょやん」ではトータス松本さんと共演されるようなので、きっと喜ばれているのではないでしょうか。

スポーツ観戦は、野球やサッカーがお好きで、やはり大阪の方なので阪神タイガースを応援されているようです。

桂吉弥はどんな人?

おちょやんのナレーション(語り)を務める桂吉弥さんは、どのような方なのか?もう少し詳しくご紹介したいと思います。

神戸大学に入学した際、落語研究会主催の新入生歓迎会で寄席を身に行き、感動し入部、ここから落語人生が始まったそうです。

落語を見に行くうちに桂吉朝さんの落語に惹かれ、平成6年に桂吉朝に入門、その後平成9年にはABCお笑い新人グランプリで審査員特別賞を受賞。

その他、平成17年には、なにわ芸術祭新人賞・咲くやこの花賞、平成20年には第三回繁昌亭大賞・文化庁芸術祭新人賞なども受賞されている、大変人気のある落語家さんです。

現在は、落語家として活躍する傍ら、NHK大河ドラマ「新選組」やNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」にも出演されており、俳優としても活躍されています。

「ちりとてちん」では、本職の落語家の役を演じられていたようですね。

その他、NHKの「生活笑百科」やABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開!」などにもレギュラー出演されており、TVやラジオでも大活躍されています。

桂吉弥のツイッターでの評判は

桂吉弥さんがおちょやんのナレーション(語り)と決まって、ツイッターなどSNSでの評判や反応はどうなのでしょうか。

気になったので調べてみました。

とても人気の落語家さんのようで、「おちょやん」のナレーションに決定した事を皆さん喜んでいらっしゃるようです。

桂吉弥さんがナレーションというだけで、楽しい感じが予想できるという人が多いですね。

おちょやんを盛り上げるナレーションにも、期待しておこうと思います。

おちょやんまとめ

今回は、次回のNHKの連続テレビ小説朝ドラ「おちょやん」について、主題歌や音楽担当、をされるサキタハヂメさん、ナレーションを担当される桂吉弥さんについてご紹介しました。

残念ながら主題歌については、まだ発表されていなかったのですが、発表を楽しみに待っておこうと思います。

音楽を担当されるサキタハヂメさんは、作曲家としてだけではなく、のこぎり奏者としても世界でも活躍されているそうです。

ドラマでどんな音楽を聴かせてくださるのか今からとても楽しみですね。

ナレーションを担当する桂吉弥さんは、人気の落語家さんで俳優としても活躍されています。

2020年後期の朝ドラの放送開始は、11月30日ともう少し先なのですが、これからどんどん新しい情報が出てくるかと思います。

次回のNHKの連続テレビ小説朝ドラおちょやんの放送を楽しみに待とうと思います。

おちょやんのロケ地や撮影場所はどこ?エキストラ募集や応募方法も

おちょやんの相関図一覧は?キャスト相手役と子役まとめ

先生を消す方程式はいつから?キャスト生徒一覧と相関図・あらすじも

私たちはどうかしているドラマロケ地はどこ?目撃情報やエキストラ募集方法についても