キンプリメンバーカラーの決め方は?色の由来と変更理由を調査


ジャニーズやK-Popなどのアイドルグループには、メンバーそれぞれにメンバーカラーが決められている事が多いですよね。

ジャニーズの人気グループであるキンプリのメンバーカラーは、他のグループに比べとてもユニークな事で知られています。

今回はキンプリのメンバーカラーについいて、メンバーカラーの決め方や色の由来、メンバーカラーの変更理由などについてご紹介したいと思います。

キンプリメンバーカラーの決め方は?

キンプリのメンバーカラーの決め方は、皆で相談して決めたのかと思いきや、実はそうではなかったようです。

キンプリのメンバーである岸優太さんは、テレビ番組でメンバーカラーについて、先に平野紫耀さんと神宮寺勇太さんのカラーが決まっていたので、ご自身は紫にしたとおっしゃっていました。

また、永瀬廉さんは他のメンバーのカラーを見たうえでバランスを考えてご自身は黒にしたとおっしゃっていました。

この二人の証言から、どうやら皆で集まって相談した感じではなさそうだという事が分かりますね。

メンバーカラーは、早い者勝ちで決定されたのかもしれませんね。

キンプリメンバーカラー色の由来

キンプリのメンバーカラーは他のグループに比べ、とてもユニークです。

キンプリのメンバーカラーの色の由来についてメンバーごとに調査してみました。

平野紫耀さんのメンバーカラーは真紅です。

色の由来は、平野紫耀さんはキンプリのセンター的存在であるからです。

決定前ご本人は黒か金を希望されていたのですが、周りの人に黒は似合わないなどと言われた事から諦めたようです。

また赤はありきたりで嫌だったので、濃いバラの色のような真紅にしたという話もありました。

永瀬廉さんのメンバーカラーは漆黒です。

こちらも単なる黒ではない所が独特ですよね。

色の由来は、他のメンバーのカラーを見たうえでバランスを考えて漆黒にしたそうです。

岸雄太さんのメンバーカラーは紫です。

岸雄太さんは、ジュニア時代からメンバーカラーが紫でした。

色の由来は、キンプリとしてデビューした後も、ファンのイメージを崩したくないと引き続きメンバーカラーを紫にしました。

髙橋海人さんは、ひまわりイエローです。

髙橋海人さんは、ジュニア時代からメンバーカラーが黄色でした。

色の由来は、岸優太さんと同じくジュニア時代のメンバーカラーを引き継いだ感じです。

神宮寺勇太さんのメンバーカラーはターコイズブルーです。

色の由来は、ジュニア時代のメンバーカラーである緑と自分の希望していた青を混ぜた色だからです。

それぞれに色の由来があって面白いですね。

他のグループにはない、なかなかユニークなメンバーカラーです。


キンプリメンバーカラー変更の理由を調査

キンプリはジュニア時代から、Mr.King vs Mr.Princeというグループ名で活躍していました。

キンプリとしてデビューするに当たって、Mr.King vs Mr.Princeの時とメンバーカラーが変更になったメンバーもいます。

そこで、キンプリのメンバーカラー変更の理由を調査しました。

キンプリメンバーカラーと名前

・平野紫耀:青→真紅

平野紫耀さんのメンバーカラーはジュニア時代青でしたが、デビュー後に真紅に変更されました。

この変更は、平野紫耀さんはグループのセンター的存在であり、事務所の意向により決定されたという噂もあるようですが、本当のところは分かりません。

・永瀬廉:赤→漆黒

永瀬廉さんのメンバーカラーはジュニア時代赤でしたが、デビュー後に漆黒に変更されました。

キンプリデビュー後に永瀬廉さんのメンバーカラーだった赤が、平野紫耀のメンバーカラーになった事から二人の不仲説もあったようですが、永瀬廉さんは他のメンバーとのバランスを見て漆黒に決めたとおっしゃっているので、お二人が色決めで揉めた可能性はなさそうですね。

・岸優太:紫→紫

岸優太さんは、ジュニア時代のメンバーカラーから変わらず紫です。

1人だけシンプルな色ですし、メンバー内で唯一変更されていませんね。

ファンが持っている岸くん=紫というイメージをそのまま崩したくなかったというのが、変更しなかった理由です。

他のメンバーがユニークなメンバーカラーの中で、岸優太さんだけシンプルに紫というのが、岸優太さんらしくてまた良い所でもありますね。

岸優太さんは、紫=紫式部という連想を、紫=岸優太に変えていけるよう頑張りますとテレビでおっしゃっていました。

とても面白い発言ですね。

ぜひ、紫式部を超えられるよう頑張って欲しいですね。

・髙橋海人:黄→ひまわりイエロー

髙橋海人さんのメンバーカラーはジュニア時代黄色でしたが、デビュー後ひまわりイエローに変更されました。

変更理由は、キンプリの記者会見の際に平野紫耀さんが真紅、神宮寺勇太さんがターコイズブルーとユニークな色が続いたので、プレッシャーを感じて髙橋海人さんもとっさに「ひまわりイエロー」と答え、それが公式になったからです。

前二人のユニークな色にプレッシャーを感じてしまったのですね。

とても面白い変更理由ですね。

・神宮寺勇太:緑→ターコイズブルー

神宮寺勇太さんのメンバーカラーはジュニア時代緑でしたが、デビュー後ターコイズブルーに変更されました。

変更理由は、ジュニア時代のメンバーカラーである緑を残したかったという理由と、実は青を希望していたという理由で、この二つの色を混ぜたターコイズブルーになったそうです。

メンバーカラーがターコイズブルーの人は他のグループにはいないのではないでしょうか。

また、神宮寺勇太さんは木村拓哉さんに憧れていて、木村拓哉さんはターコイズブルーが好きだから色を決めたという情報もありました。

とても綺麗な色で、ご本人もとても気に入っているようです。

・岩橋玄樹:ピンク→濃いピンク

岩橋玄樹さんのメンバーカラーはジュニア時代ピンクでしたが、デビュー後濃いピンクに変更されました。

その理由は、薄いピンクよりも濃いピンクのほうがカッコいい気がして変更したとの事です。

残念ながら岩橋玄樹さんは今年の3月でキンプリを脱退されています。

今後ソロでの活躍に期待したいですね。

まとめ

今回はキンプリのメンバーカラーについて、メンバーカラーの決め方や色の由来、メンバーカラーの変更理由などについてご紹介させていただきました。

メンバーカラーの決めた方は、早いもの順に決めた可能性が高そうでした。

メンバーカラーの変更理由は、事務所の意向やとっさの発言など色々で面白いですね。

キンプリのメンバーカラーはとてもユニークです。

メンバーカラーを覚えるとファン活動がもっと楽しくなりますね。

ユニークなメンバーカラーを覚えて、ぜひキンプリの応援をしてくださいね。