馬医のロケ地・撮影場所はどこ?エンディング曲や主題歌は誰

馬医 ロケ地

今回は、馬医のロケ地・撮影場所について調べてみました。今や韓国ドラマのロケ地、撮影場所を観光する日本人は、多く、ファンにとっては、たまらない旅行企画えすよね。

エンディング曲、主題歌についても色々と反響が大きかったのでご紹介していきたいと思います。

U-NEXTでも動画配信中です。

馬医のロケ地・撮影場所はどこ?

私は、馬医を動画配信サイトで見たのですが、やっぱり、ドラマを見終わった後は、ロケ地や撮影場所が気になりましたし、行きたくなりました。

間近で、馬医の撮影場所を見る事が出来れば、たまらないでしょうね。

時代劇は、馬に乗ったりするシーンが多いので、ロケ地の範囲は、半端ない大規模な場所だと想像つきますね。

龍仁大長今パークが馬医の撮影場所、ロケ地に使われた場所です。
ここは、いろんな韓流ドラマの撮影場所としても有名なんですよね。

ロケ用の時代劇セットが凄いです。

人気時代劇ドラマ「イサン」や「トンイ」「奇皇后」「善徳女王」「王になった男」「王は愛する」「オクニョ」 「運命の人」「不滅の恋人」「ファジョン」「輝くか、狂うか」「九家の書」「太陽はを抱く月」「チュモン」などでもこちらが撮影場所でした。

有名どころのドラのロケ地とあって、観光ツアーの撮影場所としてもよく使われています。

エンディング曲について

馬医のエンディング曲の「ただ一つ」が話題になっているので、詳しくまとめてみました。

馬医のエンディング曲「ただ一つ」がとてもいいので、サウンドラックを購入してみました。

ただ一つという歌は、エンディング曲だけあって、聴くだけで、ドラマのラストシーンが思い出されジーンとしますね。

主題歌と歌っているのは誰

馬医の主題歌ですが、「ただ一つ」というタイトルで、ソヒャンさんという歌手が歌っています。

馬医のペククァンヒョンの切ないいシーンの時にも流れますね。

歌声がとても綺麗なので、切なさがより伝わるシーンになり、ウルウルきてしまします。

歌詞も切ない、切ない。切なさ倍増。

この歌は、日本語版が発売されるほどの人気ぶりで、日本では、城南海(きずもみなみ)さんがカバーしていてます。

カラオケバトルでも優勝経験もあり、高評価を受けている方で、

「八日目の蝉」の主題歌も歌っていたんですよ。

馬医では、他にも挿入歌の「悲しくてつらくても」「馬医ペクカンヒョン」と全3曲日本語版をリリースしています。

U-NEXTでも動画配信中です。

まとめ

馬医のロケ地・撮影場所、エンディング曲、主題歌の「ただひとつの」そして、誰が、歌っているのかについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

日本語版の「ただひとつの」がリリースされていることにびっくりした方もいらっしゃるかもしれませんね。

韓国版の「ただひとつの」も日本語版の「ただ一つ」もどちらも素敵な曲だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。