現金給付が1世帯30万円の一定水準金額はいくら?自己申告制についても

現金給付

新型コロナウイルスの影響で一定水準まで所得が減少した1世帯30万円の現金給付がされることが発表されました。

マスクを各家族に2枚ずつ配布するということを発表していましたが、それだけでは、誰も納得できないです。

ですから、1世帯30万円の現金給付というのは、かなり話題になっています。

そして気になるのは、一定水準のボーダーラインの金額がいくらなのかということですよね。

そして、「自己申告制」ということです。

自己申告制というのは、どこに申請して、どういったことをするのでしょうか。

気にになるところなので調べていきたいと思います。

現金給付が1世帯30万円の一定水準金額はいくら?

やっぱり、現金給付が1世帯30万円の一定水準金額はいくらなのか、みんなが知りたいことですよね。

家族が多くても少なくても1世帯の人数は、関係ないのでしょうか。

現金給付が1世帯30万円の一定水準金額について調べてみました。

今回の給付についてですが、新型コロナウイルスの影響で所得が減少してしまった世帯のようです。

もう少し詳しく見ていくと、

住民税非課税世帯と収入が5割減った世帯が対象のようです。

スピードが大事だと言っていますが早く、もっと詳しい事を発表をしてもらいたいですね。


1世帯30万円の現金給付がもらえる自己申告制とは

自己申告制で現金給付を行うそうですね。

自己申告で、大丈夫なのでしょうか。

1世帯30万円の現金給付の対象内容をまとめてみました。

1世帯30万円の現金給付の対象内容
給付金額     1世帯30万円
支給対象者     住民税非課税世帯
収入減世帯(5割減くらい?)
支給限度の世帯数  約1000万世帯
支給に対する税金  非課税
申請方法      自己申告
申請する場所    市役所など

1世帯30万円の一定水準についてのツイッターでの反響は


まとめ

今回は、「現金給付が1世帯30万円の一定水準金額はいくら?自己申告制についても」と題してまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今後も色々と変わる事があるかもしれないので、常に現金給付については、注目していきたいと思っています。。

新型コロナウイルスが早く落ち着き、元の様な生活を過ごせるようにと願うばかりです。